WordPress バージョン5.0以降から採用された記事編集エディタ「Gutenberg」を過去のエディタに戻す方法

WordPressの自動アップデートにより、投稿ページ、固定ページの記事編集エディターが使いにくくなってしまった!

これらを旧エディタに戻す方法のご紹介です。

これらの問題はClassic Editorプラグインをインストールすることで過去のエディターに戻すことができます。

Classic Editorの機能

  • バージョン5以降から変更されたエディターを過去のエディターに戻す

インストール手順

2通りのインストール方法があります。

検索を使って新規インストール

プラグイン→新規追加から検索を使ってClassic Editorをインストール

作者ページからプラグインをダウンロードして直接インストール

Classic Editor

設定

インストールするのみで基本何もすることはありません。

使用方法

プラグインを有効化するだけで利用できます。

投稿者プロフィール

石原 大樹
石原 大樹株式会社 ウィズ・プランニング 代表取締役 有限会社 ルベシベ荘 専務取締役 留辺蘂商工会議所議員 北海道出身
北海道留辺蘂町という人口9千人に満たない小さな町を拠点としながら独自の集客方法で、東京・大阪・福岡・名古屋・沖縄、そして海外に至るまで幅広いクライアント層を確立。
そのかたわら、TV/CMなどで活躍している大手上場企業や芸能プロダクションなど、多くのウェブ制作、デザイン業務、講師業にも携わっている。
趣味はベースギターと一眼レフカメラ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です