属性について

こちらでは、「属性」項目に関しての概要と設定方法を説明いたします。

属性とは

”属性”とは、名前の通り商品が持つ属性を設定する機能です。例えば「Tシャツ」という商品なら以下のような属性を持つことが大体でしょう。

  • サイズ(S、M、L)
  • 色(白、黒、青、赤)
  • 限定版(2000年モデル、夏モデル、コラボプリントモデル)

”限定版”は特殊ですが例として。その他にも、

  • 素材
  • 生産国

等々。勿論、商品が持っている属性全てを設定する必要はなく、設定したい属性のみ任意で入力していきます。(商品が持っている属性の設定が多ければ多いほど、サイト内商品検索時に表示される可能性が高くなるので、設定して損はありません。色々なキーワードの検索に引っかかりやすくなるためです)

属性の設定方法は2種類

属性の設定は以下の2種類です。

  • ショップ全体で使用できる「グローバル属性
  • 商品個別でのみ使用する「カスタム商品属性

グローバル属性とカスタム商品属性の違い

管理画面左メニューの「商品」>「属性」項目から設定できるものがグローバル属性になります。扱っている商品の殆どが持っている属性を、予めグローバル属性として登録しておくことで、商品登録時の属性設定が効率的になります

また、WooCommerceが持っている商品絞り込み検索機能で指定する対象として扱うことができるようになります。(この絞り込み機能はウィジェットでサイドバーに表示できます)

例えば、服専門で販売しているショップサイトであれば

  • サイズ
  • 素材
  • 生産国

などは衣服の殆どが持つ属性ですので、予めグローバル属性に設定しておくべきでしょう。逆に「限定版」のような属性は特殊で、商品個別に使用する場合がほとんどなので「カスタム商品属性」で設定します。

グローバル属性の設定方法

まず、ダッシュボード内より、

商品」>「属性」へ進みます。以下の画像がグローバル属性の追加設定ページです。Tシャツを例に設定します。追加した属性は後から編集可能です。

名前

属性の名前を設定します。Tシャツであれば「サイズ」「素材」といった名前になります。

スラッグ

スラッグに関しては空白のまま登録すると属性と同じ名前が設定されます。ですが、スラッグは基本URLに適した形式の名前を設定するべき項目ですので、属性の名前を英語、もしくはローマ字に変換して設定することをオススメします。

アーカイブを有効にしますか?

このチェックを入れると、属性のアーカイブページが作成されます。属性に条件が設定された商品一覧を、カテゴリー一覧のように表示したい場合チェックを入れます。

タイプ

商品>商品詳細>属性の設定時、既に登録してある属性条件を選択形式で入力するか、テキスト形式で自由に入力するかを選びます。基本的には「選択」をオススメします。

デフォルトの注文並び変え

商品詳細ページでの表示順を決めます。ドラッグアンドドロップで順番を入れ替えることができるので「標準の順番」がオススメです。

 

それぞれ設定したら青いボタン「属性を追加」を押してグローバル属性を追加します。以下のように、一覧に属性が表示されます。

 

属性に条件(項目、条項)を追加

(WooCommerceでは属性の項目が「条件」と翻訳されているので上記でも「属性条件」と書きましたが、「項目」「条項」が正しい翻訳かと思います。以降では属性に追加する”条件”を”項目”とします

追加したグローバル属性、今回で言えば「サイズ」に項目を追加します。カテゴリーを追加する操作/イメージと同じで、サイズなら「Small」「Medium」「Large」といった項目名になります。

属性一覧から、項目を追加したい属性の一番右にある「条件設定」をクリックし、属性の項目追加ページに移動します。

あとは『カテゴリーの設定方法』と同じになりますので、こちらをご参照下さい。

 

カスタム商品属性の設定方法

カスタム商品属性の設定方法については『「基本的な商品」についての設定 > 属性』に記述してありますので、こちらをご参照下さい。


属性については以上になります。

投稿者プロフィール

石原 大樹
石原 大樹株式会社 ウィズ・プランニング 代表取締役 留辺蘂商工会議所議員 北海道出身

北海道留辺蘂町という人口9千人に満たない小さな町を拠点としながら独自の集客方法で、東京・大阪・福岡・名古屋・沖縄、そして海外に至るまで幅広いクライアント層を確立。

そのかたわら、TV/CMなどで活躍している大手上場企業や芸能プロダクションなど、多くのウェブ制作、デザイン業務、講師業にも携わっている。

趣味はベースギターと一眼レフカメラ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です